とりはだ(さぶいぼ)



 私の中に子供の心を感じて、あ〜まだこんな年になっても

 残ってるんだなと思う時があります。

 だけど私は大人になって、お金を稼がないと生活できないし、

 怖いものが気づかぬうちに増えていて、黙ってしまう。

 思えば子供の時だって自分の中の大人が、

 子供の私を黙らせたことが何度もあった。

 気にしないふりを強いられ、少しずつ自分でもわからなくなっていく。

 長い年月をかけて育った膿は、いつのまにか顔にも現れるのかな。

 その違和感に周りの人が気づく頃には、すでに手遅れで、

 私自体が膿になっている。

 なんてこと意外とあるあるなのかもしれません。

 
 たとえ最後は自分が膿になってしまったとしても、

 家族や友達のため、生きていくことのために

 自分の気持ちに蓋をして主張することを諦めた人たちを、

 私は一番きれいなんじゃないかと思ったりしている。

 不器用で弱い私たちを誰が慰めるって、自分で慰めるしかないことを

 フェミニズムは教えてくれたんじゃなかったっけ。

 子供のまま大人になった女たちの声が他人に思えない時の

 あのどきどき感。

 だからこそ、何がどうなってそういうことになるの?みたいな、

 他人の気持ちをコントロールできる自信があって、

 はにかんだ笑顔もなんのその、(ってこれは違う場合もあるけど)

 自分で人生のあらゆる選択を決めていいという

 もっとも大切な権利を(意図してない風に、かつ確実に)

 他人から奪うことに何も感じない人たち。

 どれだけ笑顔で楽しく話していたって、

 私の腕に鳥肌がたっている時は、何かのサインだ。

 私の中の子供の心が何か言いたくなってる、

 悲しいほどささやかな訴えなのだ。





 →Back to TOP


 →HOME