あの子の寂しさは私のじゃない不安



 確定申告の不備の書類をやっと郵送したり、

 GINZAの連載の次の撮影の準備のため市場も行って

 今日の夜は焼きそばにしようと買い物もした。

 元号が変わって、なんか嫌な意味だったら

 嫌だねってラインして。なかなかにテキパキ動けている日なのに

 実はずっとあの子のことを考えている。

 学生時代だったら、泊まりにおいで、夜中まで

 お菓子とかカップラーメン食べながら話そうってなるけど、

 大人になると相手が全然暇じゃないから

 せめてラインで少しでも未来に希望が湧くような

 寂しさが少しだけでもやわらぐような言葉を送りたい。

 だからその言葉がとても大事に思えて

 すぐに返信できずにいたから。

 自分の決断に自信が持てないでいる友達を

 どうしたら少しでも温めてあげられるのか

 自分に置き換えて考えると、一人で誰にも会わず

 泣いてみるのもありなんだよなあと、

 すごくつらい時こそ、一人で乗り越えるしかないことを

 思い出して、結局しょーもないラインスタンプ送ってしまう。

 私の見えないところで、誰でもみんな同じように

 つらいことがあったり寂しかったりして、

 でもたった一人で乗り越えてて(乗り越えてなくても)

 大人としてちゃんと明るい顔を見せてくれてる。

 ってなんかすごい。





 →Back to TOP


 →HOME