ギリギリのときいつも



 期待を押し付けて欲しくないなら、

 ちゃんと伝えないといけないだろうし、

 私もそうしないようにしなきゃいけない。

 でも実際そうしようとすると会話が成り立たない。

 本当に伝えたかった言葉をしまう代わりに、

 おこづかいを渡してしまうのは信じてない証拠だ。


 FLOWER magazineのあとがきにも書いたけど

 日本人に囲まれているのに、私だけ日本人じゃないという

 そわそわとちょっぴり不安な感覚は、

 自分で思っていた以上に体の隅々にまで染み込んでいたこと、

 ずいぶん大人になってから気づきました。

 この発見は私にとっては人生をかけた大発見でも、

 家族にとっては取るに足りないことなんだって。

 もう誰も信用できひん!全員嫌いなんじゃーッ!ピーッ!

 って思うくらい荒んでしまった時(笑)、

 いつも絶対、めっちゃ優しい顔で笑ってくれる人がいて、

 単純な私はそのことでまた頑張ろうって思えるわけで、

 それがなかったらどんな風にこの社会を見てただろう。

 想像すると鳥肌がたつ。

 恋人でも旦那でもなく周りの尊敬する女性たち、

 ルイーズで出会った女性たちの存在が時々すごくありがたい。





 →Back to TOP


 →HOME