誰も悪くないことってある



 偶然ネットで見つけてしまった。

 花がポストに届く定期便が500円。インスタで人気らしい。

 調べると検索キーワードが「枯れてる」「届かない」

 「しょぼい」となっていて、気になってしまい

 いろんな記事を見てたらなんとも言えない気持ちになった。

 下北沢の駅近く、脱法ハーブ屋と修道女の服着た

 汚いマネキンがある占い屋が怪しい古いマンションの一階に

 花屋をOPENしたばかりの頃のこと、

 ってよく出したわ、あんなとこ(笑)。

 夜中作業してるとフルチンのサラリーマンが外にいたり

 ほかほかした大量のうんこがあったりで

 ものすごい大きな防犯カメラはあるんだけど

 これは大変な所に来ちゃったと思った。その当時は

 予算1000円であんまり豪華過ぎない花束を、

 とかそういう注文が多かった。

 1000円だと3本くらい選んでもらった方が良かったかもしれないけど

 その頃はまだあんまり考えてなくて、

 一本とか安いのなら二本とかおまけして、

 と言っても4本くらいしかないんだけど、見せると

 たいてい思ってたよりボリュームが少ないと言われた。

 最初のうちは、私もそんなものかとやり直していて、

 結局いつも下代が予算を超える。(1000円なんてすぐ)

 これ赤字だって自分でも分かってるんだけど、

 少額だからとついやってしまう。

 当たり前と言えば当たり前なんだけど

 すごい満足してもらえるし、また来てくれるし。

 借金が大きくなって初めて、あれ?このままじゃ潰れる、

 と気づいた時には軌道修正するにも

 何から変えたらいいのか、

 いっそ何もかも一からやり直した方が早い気がして

 友人の勧めと、しーちゃんがお金借りてくれたおかげで

 私は下北沢を離れ今の上原に移転した。

 上原に来てからも下北沢で出会った

 (店にとって)良いお客さんたちとはずっと縁が続いていて、

 申し訳ないくらい応援してもらっている。

 もしあの時、ずっとあそこで頑張ってたら?と思うと怖い。

 今の時代、個人店は花屋に限らずどこも厳しいと思う。

 差別化とか、ブランディングとか、マーケティングとか

 ルイーズはもう、完全にお手上げ状態で、

 だからこういうワンコインとかってサービスを目にすると、

 運営会社がどんな企業なのか気になるし、

 提携してる花屋さんたちのことをつい考えてしまう。

 500円の内いくら純利益があるんだろう?

 ラッピング代は?エコゼリー代は?

 いや、私の知らない世界があるのかもしれない。

 花は赤字でOK、とにかくインスタのフォロワー数が目的、とか。

 花屋さんにとっては提携することで宣伝になる、とか

 在庫を少しでも減らせるとか。

 それを利用するお客さんも含めて、

 それそれの立場の人がそれぞれに得してることが

 きっとある。からなんだよね?

 花が枯れててショックな気持ちも分かるし、

 ポストに入らないから不在票入れた宅配の人は素晴らしいし

 保水剤あっても。水揚げしても無理な時は無理だし、

 そう答えるスタッフにイライラするお客さんの気持ちは

 当たり前の感情だし、誰が悪いんだっけ?となる。

 花っていいのはすごく高いし、それでもすぐ枯れる。

 でももっとこうなんかそんな話とは

 全然違うところの価値やねん。

 ってここに書いてるおばさんは誰ですか。




 →Back to TOP


 →HOME