何をかっこいいと決めるかで変わること



 2,3年前に吉本隆明さんの対幻想(平成版)を読んだ時、

 違和感を感じたし、フェミニストのことを言う時の

 あのちょっと意地悪な感じがすごくショックだった。

 これだけ自分で考える人であっても

 昭和のおっちゃんはやっぱりみんな同じなのかと

 全否定しまいそうな。

 でも今になって、ちょっとまた違うかもしれない、

 という考えが浮かんできたので

 1985年の現代思想の吉本隆明さんと上野千鶴子さんの対談

 「フェミニズムと家族の無意識」を

 もう一度読んでみたら

 以前読んだ時には納得できなかった吉本さんの言い訳が

 リアルに分かる、と言うか想像できちゃった。

 偉大な思想家も家の中では、私の顔色を伺いながら

 ユニオン通いしてるかわちゃんと変わらない。


 フェミニズムを知ってから、いろんな虫眼鏡を外して来たけど

 まだまだ私は、メディアや世の中の言説からでしか

 人を見てないことに気づいたのはちょっとした快感で、

 男の人に対して100%完璧な「客観的に物事を見る目」

 「女性から見えている景色を完璧に見ること」

 多分そういうのを過剰に期待してる。

 でもそれこそ昭和のおっさん、かっこ悪い。




 →Back to TOP


 →HOME