可愛い人たち



 すごく好きになった人と運良く付き合えても、

 数年経つと所有物みたいになってくる。

 買う服や趣味と同じで交友関係もその人らしさ、

 アイデンティティとして判断される時代だと

 どこかで書いてあったけど、

 恋人を自分らしさをつくる物として扱ってくうちに

 最低限の気遣いとかもなくなっていく。(私か)

 それが突然懐かしい風の匂いとかで

 一番最初、初めて出会った日の記憶が

 フラッシュバックすることがたまにある。

 当時の気持ちをもう一度リアルに感じるとき、

 諦めが瞬時に襲ってきちゃうような私は

 彼に出会えたことへの感謝とか

 彼女がいてもいい!と思ってた謙虚な気持ちとか(あかんやろ)

 楽しんで貢いでた時のワクワク感とか(あかんて)

 あの気持ちはどこへ?とは思うけど

 戻ってきて欲しいとは正直思わなくなった。



 一人で行った少年アヤちゃんのトークイベント。

 会場にいたお客さんは見る限り全員女子だった(と思う)。

 全体的にすごく若くて中には10代の人もいたはず。

 時間が進むにつれ会場の彼女たちがものすごく繊細で

 そして懸命に真面目に生きてるのが伝わってくる。

 若い頃は私だって全身で自分を信じてたし、

 そのせいで傷ついても自分の中にある何か(言葉にできない)、

 簡単に流されれそうな何かで自分を壊さないよう

 懸命に生きてた気がする。

 アヤちゃんにサインを書いてもらって、

 すごく幸せな気分を抱えながら帰り道の渋谷を歩いた。
 
 




 →Back to TOP


 →HOME