奥二重ーズ



 一階のHELEN HEIJIとは似た時期に物件を押さえ、

 開店も二ヶ月違いなだけだったのですぐに仲良くなった。

 店長のすさみさんとは人生のある一定期間を濃密に

 過ごす縁があったんだと思う。

 彼女が泣いた夜はすぐわかる。奥二重の女が何かあって

 泣いたときの翌朝の顔、それはそれはブサイクで(笑)

 二重の人には一生分からない悩みかもしれない。

 もちろん私が泣いたこともすぐばれてしまう。

 泣いた理由は聞かないことが多いけど

 いつもより少し優しい態度やラインの挨拶が

 私たちの距離をどれだけ縮めてきたのだろう。

 

 そんなすさみさんの目が最近二重になってきている。

 「としえさん、これね、地道に続けてきた

 まつ毛美容液の効果かもしれないんですよ」

 これはまるで奥二重ーズからの卒業宣言だ!

 あまりにどや顔なので「どこのやつなん?」と

 聞いたけれど、覚えてないと最後まで教えてくれなかった。

 (一人だけ二重になろうとしてるのかもしれない)

 しーちゃんは「最近抜け毛がやばくておでこが

 どんどん広なってんねん!」と

 なかなかに狭いでこを上げて見せてくる。

 「もうちょっと広くなってもいいと思うで(笑)」

 「え、そうなん?(笑)」



 三人の奥二重ーズが笑い合う日曜の静かな午後は、

 いつかマンションアイの思い出になる。

 未来を想像してちょっと切なくなった。






 →Back to TOP


 →HOME