結婚の定義



 上野さんは結婚を、

 「自分の身体の性的使用権を生涯にわたって特定の

 異性に対して排他的に譲渡する契約」

 だと定義している。

 だとしたら不倫大国日本での結婚とは、

 要は守らないでもいい制度だってことと同じだ。

 それでも今だになくならないのは理由がある。
 


 どんな人だってその時代の価値観や

 イデオロギーからは逃れられない。

 いい例だと思ったのが、

 ずっと資本主義に反対していたアーティストの友達も

 結婚したら今まで見たことのないくらいに幸せそうだったこと。

 「自分の身体の性的使用権を生涯にわたって特定の

 異性に対して排他的に譲渡する契約」

 をしたなんて微塵も思っていない。
 


 文化の決めるカテゴリーに個人のアイデンティティが

 一致している限り、人間は自己充足感を抱くことができる

 と上野さんは「 女は世界を救えるか」で言ってた。

 本当にそうだと思った。

 と同時に、この世界で男性優位でなかった時代は一度も

 なかったという一文が重くのしかかる。

 じゃあどうしたらいいの?なんてことは

 どうぞ聞かないで食い気味になって一緒に考えてよ。

 かわちゃん!






 →Back to TOP


 →HOME