美意識



 だって論文の書き方についてのノウハウ本なのに
 
 面白いところがいっぱいで・・・。
 
 昨日の続きですんまへん。



 大学院生を教えるつらさは、彼らがえんえんと

 居座ってなかなか出ていかないこと。

 毎年の講義にリピートが利かない。

 上野さんは、またおんなじことやってるのかと

 思われるのがしゃくで講義とゼミのテーマを毎年変え、

 一度使ったテキストは二度と使わないという講義を

 自分に課していたそう。しゃくだからでできる!?

 これを上野さんはたんなる美意識なんですがね、

 と言っている。



 美意識ってもっと嫌な言葉だと思ってけど

 読んでて気づいたことがある。

 私はたぶん美意識のある人が好きで

 いつも憧れてしまうんだ。

 きっと私もそういう人になりたいんだろうな。

 西成で生まれ育った在日に

 「あんたにどんだけ美意識があったって

 意味ないねんで」って教えてくれる大人は

 周りにいっぱいいたけど(笑)

 美意識がある大人のかっこよさは、

 自分で家を出てから切実に私の中で気づいたことだ。

 誰かと出会って仲良くなるかどうかって美意識とか

 すごく関係してるような気がしてきたし、

 その人の美意識がどこにあるのかを

 人は知らない間に感じとってるんじゃないかな。

 ファッションセンスも、美意識も言う人によって

 意味が大きく変わる言葉だと思った。






 →Back to TOP


 →HOME