何を着るのか、



 数年前のある日鏡に写ってる自分の姿を見て

 つなぎが着れなくなった。

 どれだけ汚れても気にしないでいい楽チン作業着でもあり

 オシャレ着でもあったのにそれからあまり出番がない。

 今まで着ていたものが、急に色あせて見える時は

 今までも何度もあったけど、この時は40才になる手前で

 なんだかこのままじゃおしゃれを楽しめないように

 なると感じて、金髪にしてみた。

 若い頃から金髪にしてみたいとは思っても

 キャラと違いすぎてこりゃだめだと思ってた。

 だけど40才になったら小さな変化でも

 何かパワーになるような気がしてやってみたのだ。

 結果、似合う洋服がちょっと変わって、

 おしゃれがすごく楽しくなった。



 今、興味があるのはやっぱり同年代の女性だ。

 街で最高にオシャレなアラフォー女子に出会うと

 もう無性に嬉しくなる。

 ただの通りすがりだけど、

 世間にはびこる中年ばばあのイメージをおりゃぁ!って

 跳ね返すパワーに私もあやかれる気がする。

 おお!やってますね(笑)。って感じ。

 女にしか見えないテレパシーで

 お互いのこれからにエールを送りあうような

 そんな瞬間。



 30代後半でつなぎが着れなくなった時の私は

 40才という数字と

 自分がメディアから受け取っていた

 中年のおばちゃんというイメージに

 自分の外見をすり合わせしようとしてたのだと思う。

 これ、ひょっとしたらおばあちゃんになる頃には

 もっと世間のイメージが襲いかかってくるかも。

 継続は力なり、

 今から負けないパワーを蓄えておきたい。






 →Back to TOP


 →HOME