使い慣れた言葉の嘘



 私も時々言われることがある「男前だね」とか

 「男っぽいよね」って言葉。

 昔は違ったと思うのですが、今の日本で私くらいの年齢の

 女性が女性に言う場合、ほとんど100%に近い確率で

 褒めているんだと思う。

 さっぱりしてる性格とか決断力があること、

 かっこいい感じのことを言ってるのだと思っています。

 うるさいと思われるのを承知で言うと

 また古い価値観の再生産かと思って少し落ち込んでしまう。

 

 2年前かな、「物事には本質があるわけじゃなくて

 言説が本質を決めている。」ということを知った時、

 かなりの衝撃を受けました。

 なんで今まで分からなかったんだろうってことも。

 今私たちが使っている言葉が言説になり、その言説が

 やってくる未来の価値観を決めていくことになる。

 それに気づいてからの私は、フェミニストの友だちと

 とっても大事な約束をしたような気がしています。

 せめて私たちだけは未来の子供たちのためにも

 これ以上男性優位の価値観を再生産したくない。
 
 

 日本に何十年も前から続いてきてた価値観で

 例えば男尊女卑だけじゃなく、ブラック企業とかの問題や

 スポーツ界のパワハラとか見ててもそうだけど、

 時代が変わればそれが本質でも大事なことでも

 全くなかったじゃん!って考え方がまだまだありそう。

 

 時々、かわちゃんが

 「わかった!あのさぁ、女の人にはさ、

 綺麗って言えばいいんじゃない?」

 とか言ってるのを聞くとどんだけぇ〜!ってなるけど

 諦めず何度でも、そんな風に言われても嬉しくない女が

 横にいることを聞いてもらお。

 なんのために?

 好きな男とできるだけずっと気持ちよく、

 笑いあって暮らしていきたいからだ。











 →Back to TOP


 →HOME