自信のたね



 そのハーフの男性の職業は、

 なんと言えばいいか、たぶん盛り上げ役だ。

 現場でモデルをはじめあらゆるスタッフと

 会話を楽しみ現場を盛り上げる。

 外国人とのハーフで英語ができて、

 人見知りせずノリノリな性格が見た目と調和してる。

 テンション高いな~って人でも

 見た目が明らかに外国人ぽいと

 嫌な感じがしないって確かにある。

 こういう人って探せば沢山いそうだけど、

 その人がいるだけで現場の雰囲気がガラリと変わるらしい。

 モデルも上機嫌で、それによってそれぞれのスタッフたちが

 それぞれ自分の仕事に集中できる。

 他の人ではこうはならないこと、実はずっと

 そういう人を求めていたんだってことにみんなが気づき

 今やいろんな撮影ではひっぱりだこで、

 すごく稼いでいるらしい。

 この話を以前どこかで聞いて面白いなぁと思った。



 専門的なことじゃなくっても、大きなお金が動くんだ。

 見た目も含め、自分の素質がどこで役立つのか、

 本人がちゃんと自覚して、今までなかった仕事を

 作り出してしまったなんてなんだかスカッとした。

 ただの得意とはレベルが違うかもしれないけれど、

 もし世界の人みんながこの盛り上げ屋さんのように

 自分の素質の稀さに気がついてちゃんと生かせたら、

 それが大きな利益になることができたら、どんなに楽しいだろう。

 大きなお金を稼げなくても、自分の素質が誰かの役に

 立っていて喜んでもらえたら誰だって自信がつくと思う。

 でも自分のことって客観的には一生見えないし

 これってすごく難しいのかもしれないけど。








 →Back to TOP


 →HOME