異彩を放つもの



 異彩を放つ、ってどんな意味なんだっけ?

 とある展示会の帰りに思いました。

 どれを見てもクオリティが高く、暮らしが素敵になるような

 おしゃれな商品ばかりだったのに、

 なんだか頭がぼーっとして、不思議な気持ちになった。

 他の方の商談なのか商品説明の時間を邪魔してはいけないと

 知り合いの方にも声をかけなかったし、

 混んでいるところは、かなり距離を取って見ていた。

 寝不足だったのもあるかもしれない。

 下見のつもりで友人について行っただけなので、

 今日は直接ビジネスの取引をしないと自分の中の仕入れの火が

 つかなかったのだと思う。

 

 それでも、もしあの中に大好きなブランド、例えばSUNSEAが

 混じっていたらどんな風に見えていたのか気になった。

 もし私があの会場で自社の商品を販売するとしたら

 どのようにするだろうと想像した。

 ってか、異彩を放つって何?(笑) 帰りの電車で調べると、

 「ひときわ異なって見える」

 「一段とすぐれて見える」

 「普通とは異なった色彩や光を出す」

 とあった。

 他と異なっていることと、一段すぐれていることの

 両方ってどんなものだろう。

 自分の作るものを思い出しながら

 妥協していいとはまったく思ってなくても、

 なんとなく流行に合わせて妥協していることって

 沢山ありそうだ、と思った。

 異彩を放っているものや人やお店って何が違うんだろう。






 →Back to TOP


 →HOME