ゆっくり急ぐ



 今までのパターンとして振り返ってみると

 計画はあまり立てないでスタートしてしまう。

 スタートしちゃった、という「後にはもどれない感」を

 ガソリンにしてひたすら走る。私は自己肯定感が低いのか

 考えてしまうと、まったく身動きが取れなくなりそうで

 なるべくそっちの道にいかないように、

 自分の性格を熟知しているからこその

 お尻の叩き方だったのだろうと思う。

 そういう自分は嫌いじゃなかった。

 ただこのやり方は、今やってることが正しいのか

 自己判断ができなくて強烈に私をせっかちにする。


 最近、その時のせっかちな自分をグッと我慢できるかどうかが

 ちょっと大事な気がしてきている。

 「今、私にスピード感があるのは、

 ただの集中力不足、体力不足かもしれない。」と呟いてみる。

 これは最近、店の大掃除をやりながら

 私の妥協しまくってきた過去を振り返って痛感したせいだ。

 妥協した過去がどんどん私を責めてきて、私は顔が真っ赤っか。

 待つべき時間を待てなくて妥協した偽物のスピードには

 ほとんど興味がなくなってしまった。

 これからはもっとゆっくり向き合っていきたい。

 人生も仕事も何か作るものでも、それぞれの細かいパーツが

 キラキラと光を放ちだせばそこからの動きはとてもスムーズで

 その人に合った美しいスピードになる。

 焦らず、厳しい目をもって、ゆっくり急いでいきたい。






 →Back to TOP


 →HOME